子供のスマホの料金を安くしたいご家族へ

「もう少し安くなれば家計も助かるのに……」と、毎月のスマホ料金の明細書を見ながら、ため息をついている親御さんもいることでしょう。

学校の教材費に塾や習い事の月謝。子供の成長と比例するように、子供のための教育費は年々膨らんでいきます。必要なところにお金をかけてあげられるように、なるべく無駄は省いて節約したいところ。

子供のスマホ料金も、また同様です。契約しているスマホの端末やプランによっては、使用頻度は大人よりも少ないのに、料金は大人とほとんど変わらないという場合もあります。

「今の子供のスマホ料金って、本当に適正なの?」、「子供のスマホ代はこれ以上抑えられないの?」。そんなお悩みを解消するために、この記事では、子供のスマホ代について解説していきます。

今現在使っているスマホの料金は?

実際に、子供を持つ親を対象にアンケート※をおこない、子供の世代別に分けて「スマホの月額の費用」を調査しました。その結果、それぞれの世代でもっとも多い回答となった金額を紹介します。

小学生と中学生の場合は、ほとんどの家庭で「月額5000円未満」となっているようです。とくに子供が小学生のうちは、子供用携帯のようにあらかじめ制限が設けられた端末を持たせているという家庭が多く、「登録している番号以外には電話をかけられない防犯タイプの携帯なのでこの金額になっている」(40代女性)、「制限付きのキッズ携帯を持たせているので、制限以上の請求は来ない」(20代女性)などの声が集まりました。

また、高校生の場合は「月額10000円未満」がおおよその相場となっているようです。小・中学生時代と比べると、使用頻度が増え、その分料金も上がるのかもしれません。中には、「親子割引を利用している」(50代女性)、「学割のプランにしている」(30代女性)というように、家族割引や学割を利用し、料金を抑えているという人もいました。

(※2017年4月3日~4月4日 サムライト社によるWebアンケートの結果)

実際の料金と理想の料金について

上記のアンケートの結果から、小・中学生は「月額5000円」、高校生は「月額10000円」が実際のスマホの使用料金となっていることがわかります。

しかし、子供を持つ親を対象に「子供のスマホ料金、月額利用料は1台あたりどれくらいまでが適正だと思いますか?」というアンケート※をおこなったところ、50名のうち29名が「月額2,000円未満」、13名が「月額2,000円~3,000円」と答える結果になりました。「実際の料金」と親が考える「適正な料金」の間にはギャップが生じていることがわかりますね。

親側の意見としては、「まだ小さい子供、小学生くらいなら連絡を取り合う手段で十分」(30代女性)、「子供には主に通話ができ、メール、検索サイトがあれば充分だと思うから」(30代女性)など、子供には最低限の機能で十分だと考えている親御さんも多いようです。

また、「使わないのに高い料金は納得できない」(20代女性)という声もあり、子供と大人の間には使用頻度の差があるにもかかわらず、支払う料金が同程度ということに不満を抱えている人もいるようです。

(※2017年2月3日~2月7日 サムライト社によるWebアンケートの結果)

もっと理想の値段に。TONEの基本プラン月額1000円でできること

実際の料金をより理想の価格に近付けるためには、基本プラン月額料金1,000円の、TSUTAYAのスマホ、TONEがおすすめ。

この基本プランには、「インターネット使い放題」と050で始まる「IP電話」が含まれており、IP電話はTONE同士であれば通話料が無料。さらに電話や、TONE取り扱いのTSUTAYAの店頭、店舗の近隣で開催しているスマホ教室で操作に関するサポートを受けられる無料サービスもついています。

また、このほかにオプションサービスも充実。使用用途に合わせてサービスや料金プランをカスタマイズすることも可能です。

今より安くなるかも?!TONEの料金シミュレーターで診断してみよう

TONEのホームページでは、料金シミュレーターを使って、今のスマホの料金とTONEに乗り換えた場合の料金プランの比較ができます。

「自分の使い方だと、毎月の料金はいくらになる?」「今の料金からいくら節約できるのか?」。たった5問の質問に答えるだけで、簡単に診断結果が分かります。

基本プラン月額料金が低額なTONEだと、通話に関するオプションや高速通信に切り替えるオプションなどを付けても、スマホ代金を月額3000円以内に抑えることができます。プラン次第では、現在のスマホ代よりも一ヶ月数千円の節約も夢ではありません。スマホ代節約の第一歩として、まずは料金シミュレーターから試してみてはいかがでしょうか。

※トーンモバイル公式サイトはこちら

[編集]サムライト編集部